教育目標

  • Home
  •   »  教育目標

明るく元気にのびのびと成長する子ども。

子どもには、”やってみたい”という興味、欲求があります。
ずっとお砂場遊びをする子もいれば、走ることが好きな子もいます。
できる限り、子どもの”やりたい”気持ちに寄り添い、活動していきたいと考えています。

また、例えば積み木遊びでも、ただ積み上げるのではなく、平面においてみたり、色別にしたりと、さまざまな方法で使うことができます。
三角もあれば、四角もあり、積める形の認識、立体の認識など、遊びの中から学ぶことはたくさんあります。
今はまだ、興味のないことでも、お友達がやっていたら気になる、自分もやってみたくなる、ということもあります。
保育園という、お友達のいる環境だからこその刺激もありますので、少しずつ子どもたちの世界を広げて、”やってみたい” ”楽しい!” ”できた!”という経験を積み重ねていってほしいと思います。

合同保育で、やさしい気持ちを持つ子ども。

ぞうさん保育園では、年齢ごとのクラス分けをせず、異なる年齢の子とも一緒に保育をします。
小さい子は身近なお手本としてお兄さん、お姉さんを真似することもあるでしょう。
お兄さん、お姉さんは小さい子を気遣う場面も出てくると思います。
子どもは、自分と同じくらいの年齢の子を見分けますし、自分より小さい子を可愛いと思ったり、お世話したいと思うこともあります。
自分だけがよければいい、というのではなく、相手を思いやるやさしい心を育んでいってほしいと思います。
 
お問い合わせ